会員規約

特定非営利活動法人はま婚! 会員規約

特定非営利活動法人はま婚!(以下、「当団体」といいます)は、当団体の正会員および、
サポーター会員(以下、「会員」といいます)について、この会員規約(以下、「本規約」といいます)を定めます。
当団体へ入会いただいた時点で、本規約を承認したものとします。

1.会員の種別について

  • (1) 会員とは、正会員(法人・個人)および、サポーター会員(法人・個人)をいいます。
  • (2) 正会員とは、当団体の理念および目的、活動趣旨に賛同し、協力する意思のある、
    かつ当団体に入会を認められた法人ならびに個人をいいます。
  • (3) サポーター会員とは、当団体の理念および目的に賛同し、当団体に入会を認められた法人ならびに個人をいいます。

2.入会および年会費について

  • (1) 当団体への入会申し込みは、当団体が別に定める入会申込書を当団体に提出し、次に定める年会費を払い込むものとします。
    • ・正会員/法人  30,000円(税別)
    • ・正会員/個人  30,000円(税別)
    • ・サポーター会員/法人  10,000円(税別)
    • ・サポーター会員/個人  3,000円(税別)
  • (2) 年会費の納付方法は、正会員およびサポーター会員の種別に関わらず、入会初年度の場合に限っては事務局員による集金とし、
    次年度以降の継続の場合は貯金口座振替によって支払うものとします。
  • (3) 入会については2-(1)に定める入会申し込みに対して、理事長が入会申込書の内容を確認したうえで、年会費の集金または、
    入金を確認した時に承認します。ただし、次項に該当する場合はこの限りではありません。
    これらに該当する場合には、理事長が速やかに理由を付した書面をもって本人にその旨を通知します。
    • ・入会申込書に虚偽の次項を記載した場合
    • ・入会申込者がかつて除名されたものであった場合
    • ・当団体の目的および、趣旨に合わないと認められた場合
    • ・その他、当団体が会員として不適切と判断した場合

3.会員の資格および権利について

  • (1) 会員資格の有効期間の起算日は、当団体が入会申込書の記載を確認し、かつ入金の確認ができた日とします。
  • (2) 会員の有効期限は、入会月を初月とし、翌年の入会月の前月末日までとします。
  • (3) 正会員には総会での議決権があります。一法人、一個人にそれぞれ1議決権とします。
  • (4) サポーター会員には総会での議決権はありません。
  • (5) 個人の資格で入会した会員が、退会あるいは死亡した場合には、当該会員の会員資格は失われます。
    第三者への資格継承はできません。
  • (6) 団体の資格で入会した会員が、合併等により会員資格が継承された場合には、当該資格を継承した団体会員は、
    速やかに書面によりその旨を当団体に通知する必要があります。
  • (7) 会員は、入会申込書に書かれた内容について変更があった場合は、速やかに書面によりその旨を当団体に通知する必要があります。
  • (8) 会員が変更通知を怠ったことによって、当団体からの会員への通知、書類等が遅延または不達になったとしても、
    当団体はその責任を負わないものとします。
  • (9) 当団体から会員に対してIDおよび、パスワード等が付与された場合、
    会員はこれらの情報を第三者に開示・漏えいすることがないように必要かつ、十分な注意義務をもって取り扱うものとします。

4.会員資格の更新について

  • (1) 会員資格有効期間が満了する場合には、自動更新にて会員資格の継続となります。
  • (2) 会員資格は、会員から当団体に有効期限の1ヶ月前までに退会届を提出しない限り、会員資格を更新したものとします。
  • (3) 会員資格は、当団体の定める方法による年会費の入金がない場合には失効するもとします。
  • (4) 一度払い込まれた年会費の返還は受けられません。

5.会員資格の喪失について

  • (1) 会員が次項のいずれかに該当した場合には、その資格が喪失されます。
    • ・退会届の提出をしたとき
    • ・本人が死亡しもしくは失踪宣告を受け、または会員である団体が消滅したとき
    • ・継続して3ヶ月以上年会費を滞納したとき
    • ・除名されたとき
  • (2) 当団体は、会員が次項のいずれかに該当した場合は、当該会員を除名することができます。
    • ・当団体の名誉を傷つけ、また目的に反する行為をしたとき
    • ・他の会員の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害したとき
    • ・当団体の活動の範囲内において、政治活動、営業行為、マルチ商法、ネットワークビジネス、宗教活動、
      その他勧誘行為をしたとき
    • ・個人情報に関する事項について、活動内外において口外したとき
    • ・本規約に違反したとき
    • ・その他、当団体が会員として不適切と判断したとき
  • (3) 除名の決定は当団体の理事会で議決され、当該会員には書面にて通知するものとします。
    ただし、当該会員には議決される前に弁明する機会が与えられます。
  • (4) 除名の効力は、前項の通知に指定された日時に生じるものとします。
  • (5) 会員資格を除名された場合、一度払い込まれた年会費の返還は受けられません。

6.退会について

  • (1) 会員が退会を希望する場合には、当団体に対し、退会届を提出しなければならないこととします。
  • (2) 退会に際し、年会費の払い戻しは一切行いません。

7.その他

  • (1) 会員が、本規約および本規約に基づく諸規則に反し、またはそれに類する行為によって当団体が損害を受けた場合、
    当該会員は、当団体が受けた損害を当団体に賠償することとします。
  • (2) 当団体が会員に付与したIDおよび、パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって当団体が損害を受けた場合、
    当該会員は、当団体が受けた損害を当団体に賠償することとします。
  • (3) 会員資格を喪失した後の場合も、前項の規程は継続されます。
  • (4) 当団体は、運営のために必要とされる場合、理事会の議決を経て、本規約を変更することがあります。

<附則>本規約は平成29年6月1日より施行します。

Pagetop

Copyright (C) HAMAKON All rights reserved.

PC版サイトはこちら